So-net無料ブログ作成
検索選択

登山情報 夏山開き行われ登山シーズン到来! [登山記録]

シーズンも各地で夏山開きが行われ、夏山シーズンを迎えた。
泉ヶ岳、栗駒山、大東岳、北蔵王、南蔵王などで夏の登山シーズンを迎えている。
このうち秋田岩手宮城山形の4県にまたがる栗駒国定公園の栗駒山(1627メートル)の山開きが、先月20日行にわれた。山開きには登山愛好者らが次々と訪れ、残雪を踏みしめながら頂上を目指したという。
栗駒といえば、山頂からは月山、鳥海山、蔵王も望める。また標高700メートル付近に広がる高層湿原「世界谷地」では6月下旬から高山植物ニッコウキスゲが見頃を迎える。最盛期には美しい黄色の花々を眺めると心が癒される思いである。
夏、秋と数回にわたり訪れたい山のひとつだ。
栗駒山へ向かう登山者-1.JPG

東栗駒より栗駒山を望む-1.JPG


nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

高尾山に行ってきました。 [登山記録]

2011年11月26日(土) 晴 高尾山(599.03メートル)

登山口の高尾登山電鉄清滝駅付近の天候は晴れで穏やか。
紅葉の見ごろとあって駐車場から清滝駅に通じるもみじ通りは多くの観光客、登山者で混雑していた。高尾山がこれほど人気のある観光スポットとは思っていなかっただけに予想外の人の多さに驚いた。都心からの交通の便にも恵まれ、日帰りでもゆっくりと山歩きが楽しめる国定公園で平成19年に富士山と並んでミシュランの三ツ星に指定されたことが人気のようだ。
山頂をめざして歩いているとすれ違う人たちの会話が東南アジアと思われる言葉で耳に入ってくる。外国からツアーで訪れる人たちもかなり多いように感じた。午後1時30分に高尾登山電鉄清滝駅に到着、ケーブルカーは30分待ちの混雑でしばらく駅前で並んで待機、午後2時10分に清滝駅から高尾山駅に向け発車、午後2時18分に高尾山駅から1合路で山頂を目指す。
ケーブルカー高尾山駅付近の展望台からの眺望は都心の超高層ビルを中心に関東平野を見渡す絶景の一大パノラマで見事です。高尾山山頂に向け途中の薬王院に午後2時41分に通過、山頂へは午後3時5分に到着した。山頂にも多くの人たちが休憩しながら眺望を楽しんでいた。
午後3時15分に1号路で下山を開始、途中の薬王院で休憩、ここの飯縄権現堂前には、右側に鼻の高い大天狗、そして左側には烏の嘴を持った烏天狗の小天狗の像が立っていることで有名だ。さらに1号路を下り、午後4時35分に登山口清滝駅前に戻った。

【山名と標高】 高尾山 599.03メートル 
【行程とタイム】 もみじ通り13:30~清滝駅14:10~高尾山駅14:18~1号路で山頂をめざす~薬王院14:41~高尾山山頂15:05
高尾山山頂15:15~1号路~薬王院15:27~高尾山駅15:55~1号路を下山~清滝駅前16:35

もみじ通り
もむじ通り.JPG

案内板
高尾山案内板.JPG

清滝駅
清滝駅.JPG

観光客で混雑する清滝駅.JPG

高尾山駅
高尾山駅に着いたあおば号.JPG

高尾山登山マップ
高尾山登山マップ.JPG

高尾山駅付近からの眺望
高尾山駅付近からの眺め.JPG

高尾山に向かう1号路
高尾山山頂に向かう1号路.JPG

薬王院
薬王院付近.JPG

天狗注意の標識
天狗注意の標識.JPG

高尾山山頂
高尾山山頂.JPG

脱ぎわう高尾山山頂.JPG

山頂からの眺望
高尾山山頂からの眺め.JPG
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

今年も登山に出かけます。 [登山記録]

4688771.jpg

今年も東北の山々へ出かけ登山を楽しみたいと思います。
また、山頂付近からアマチュア無線で各局との無線交信も
したいと思っています。よろしくお願い致します。
nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

栗駒縦走登山 (東栗駒~山頂~須川高原温泉) [登山記録]

□栗駒山 (1627メートル) 10月 10日  いわかがみ平~東栗駒コース~天女の水舞台~東栗駒山~栗駒山頂~須川コース~須川高原温泉
いわかがみ平
いわかがみ平-1.JPG

広がる雲海
いわかがみ平から広がる雲海-1.JPG

東栗駒コース登山
東栗駒コース入り口-1.JPG

雨上がりの登山道
雨上がりの登山道-1.JPG

天女の水舞台付近
滑沢-1.JPG

紅葉したミネカエデ
ミネカエデ-1.JPG

登山道から東栗駒山を望む
右側東栗駒山-1.JPG

東栗駒山
東栗駒山-1.JPG

東栗駒山山頂 1,434m
東栗駒山山頂-1.JPG

東栗駒山から栗駒山を望む
東栗駒より栗駒山を望む-1.JPG

中央コースとの合流点
中央コースとの合流点-1.JPG

栗駒山へ向かう登山者たち
栗駒山へ向かう登山者-1.JPG

栗駒山山頂
栗駒山山頂-1.JPG

栗駒山山頂付近から見た紅葉
栗駒山山頂の紅葉-1.JPG

山頂付近から見た紅葉-1.JPG

須川コース
須川コース-1.JPG

須川コースから見た紅葉
須川コースから見た紅葉-1.JPG

昭和湖
昭和湖-1.JPG

名残ヶ原
名残ヶ原-1.JPG

須川高原温泉
須川高原温泉-1.JPG


2010年10月10日(日) くもりのち晴れ 栗駒縦走登山 東栗駒~須川コース(1627メートル)
仙台駅を午前7時のツアーバスで出発。
宮城県側の登山口いわかがみ平付近の気温は17度(持参の温度計
天候はくもり、紅葉と雲海が美しかった。
いわかがみ平を午前9時50分発、東栗駒コースで山頂へ向かう。
登山道は前夜の雨の影響で水と泥濘状態だった。
いわかがみ平から山頂にかけての木々の紅葉は見ごろを迎えていた。
登山口から1時間ほどで天女の水舞台に到着、休憩を取る。沢を流れる水はとてもきれいだった。
天気はくもりベースから青空ものぞくまでに回復、眼下に広がる眺望を楽しみながら東栗駒山頂へ向かった。
東栗駒山を午前11時45分に、裏掛コース分岐点を12時20分にそれぞれ通過し、時折強く吹く風の中、栗駒山山頂には午後1時03分着、無線交信し1局と繋がる。山頂に着いた時にはガスがかかり眺望は取れなかったうえ、寒いくらいだった。持参した温度計を見ると山頂付近の気温は11度5分だった。
山頂で休憩後、午後1時15分須川コースで下山を開始、一路須川高原温泉をめざす。雲が流れ瞬間的に頂上付近から広がる紅葉を眺めながら、天馬尾根コースと須川コースの分岐点から岩手県側に入り、しばらく進み賽走り付近からは硫黄の匂いがし始め、まもなくすると神秘的な昭和湖が見えてきた。
昭和湖で休憩し、地獄谷、木道の名残ガ原を通り、須川高原温泉には午後3時15分に到着した。
須川高原温泉で汗を流し、缶ビールで縦走登山を締めくくった。このあと、バスで一関を経由し仙台駅西口に戻った。



【メンバー】 3人(S氏、M氏)
【山名と標高】 栗駒山 1627メートル
【行程とタイム】
いわかがみ平9:50~天女の水舞台10:50~東栗駒コース~東栗駒山11:45~栗駒山山頂13:03
栗駒山山頂13:15~須川コース~賽走り~昭和湖14:10~名残ヶ原~須川高原温泉15:15






nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

泉ヶ岳登山に行って来ました。 [登山記録]

2010年9月18日(土) 晴 泉ヶ岳(1172メートル)

泉ヶ岳大駐車場付近の天候は晴れ、風はなく穏やか。
広い駐車場は時間が早いせいか駐車している車はやや少なめだった。
大駐車場を午前8時7分発、水神コースで山頂へ向かう。登山口からしばらくは湿った状態の上を歩く、
夏の猛暑のせいか秋の訪れは遅い感じがした。
50分ほどで水神に到着、休憩をとる。水神を午前9時5分に出発、大岩には午前9時33分着大岩からは大倉ダム、定義山、大東岳までの山並みの美しい景色が広がっていた。
山頂には10時00分に到着。
頂上から北泉ヶ岳へ向かう登山道付近で無線交信、柴田郡大河原町、仙台宮城野区の移動局など2局と交信する。ウイダーゼリー、コーヒーの昼食をとり、午前10時37分に下山開始、滑降コースを下る。途中の見返り平を午前11時03分、かもしかコースとの交差点を午前11時21分に通過し、泉ヶ岳大駐車場に午前11時48分着。午後0時30分自宅に戻る。 (24回目)

【メンバー】 2人
【山名と標高】 泉ヶ岳 1172メートル 
【行程とタイム】 少年自然の家登山口8:10~水神8:55~大岩9:33~頂上10:00~休憩~山頂10:37~滑降コース~見返平11:03~お別れ峠11:21~泉ヶ岳駐車場11:48

泉ヶ岳全景
泉ヶ岳全景-1.JPG

水神コース登山口
水神コース入り口-1.JPG

水神平
水神平-1.JPG

水神平付近
水神平付近-1.JPG

水神入り口案内板
水神入り口案内板-1.JPG

水神
水神-1.JPG

大岩からの眺め
大岩からの景色-1.JPG

さいの河原
さいの河原-1.JPG

秋を感じさせるススキ
すすきの穂-1.JPG

泉ヶ岳山頂
泉ヶ岳山頂-1.JPG

見返り平
見返り平-1.JPG

見返り平から山頂を見る
見返り平から見た山頂-1.JPG
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

栗駒縦走登山 [登山記録]


宮城県側登山口 いわかがみ平

レストハウス付近から見た紅葉

登山道脇の美しい紅葉

標高1270m付近から見た紅葉

山頂へ続く登山客の列

東栗駒コース分岐点

山頂付近から眼下に広がる景色

栗駒山山頂

須川コースで下山

須川温泉まで1Km地点

昭和湖

名残ヶ原案内図

湯量豊富な須川温泉登山口
2007年10月13日(土) 晴れ 栗駒縦走登山(1627メートル)
仙台駅を午前7時の高速バスで出発。
くりこま高原駅で路線バスに乗り換えていわかがみ平へ向かう。
宮城県側の登山口いわかがみ平付近の気温は8.5度(持参の温度計
天候は晴れ、うす雲りで時々陽の差す登山日和。
いわかがみ平レストハウス前を午前10時30分発、中央コースで山頂へ向かう。
登山道付近の木々の紅葉は見頃を迎えていた。整備された登山道を進み30分歩いた標高1270m付近で休憩を取る。眼下に広がる眺望を楽しみながら山頂へ向かった。山頂には午後0時20分着し昼食、無線交信し6局と繋がる。山頂は多くの登山者で賑わっていた。山頂の気温は持参した温度計で4度と初冬を思わせる寒さだった。山の天候は変わりやすく、ガスがかかったり晴れたりと変化に富んでいた。昼食休憩後、午後1時10分須川コースで下山を開始、一路須川高原温泉をめざす。山頂付近からは遠く船形山、焼石などの山々の美しい景色を望むことができた。賽走り付近からは硫黄の匂いがし始め、まもなくするとエメラルドグリーンの昭和湖が見えてきた。ここで休憩し、ここから先は地獄谷、木道の名残ガ原を通り、須川高原温泉には午後3時20分に到着した。須川高原温泉で汗を流し、生ビールで縦走登山を締めくくった。このあと、一関経由で仙台駅に戻った。

【メンバー】 5人
【山名と標高】 栗駒山 1627メートル 
【行程とタイム】
     いわかがみ平10:30~中央コース~標高1270m付近で休憩11:10~頂上12:20
              頂上13:10~須川コース~賽走り13:30~昭和湖14:25~名残ヶ原~
              須川高原温泉15:20


nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

安達太良山登山 [登山記録]

安達太良山奥岳登山口駐車場

あだたらエクスプレス乗り場

ゴンドラからの景色

終点駅

案内板


登山道

安達太良の植物 ウラジロヨウラク

サラサドウダン

ハクサンシャクナゲ

仙女平分岐

安達太良山頂

山頂部

2007年7月7日(土) くもり (1700メートル)(午前10:50 気温20度)
安達太良奥岳登山口の天候はくもり、風はほとんどなく穏やか。
広い駐車場は土曜日とあって40台ほどの車が止まっていた。
奥岳登山口からゴンドラで標高1350m地点まで登り、薬師岳コースで山頂へ向かう。
リフトを降りて、五葉松平の木道を進み薬師岳を経由し仙女が平分岐を目指す。
登山道はよく整備されているので初心者でも安心して登山が楽しめるコースだ。
登山道には五葉松、ナナカマド、シャクナゲのほかサラサドウダンやウラジロヨウラクの花が
シーズンを迎えているので高原の花を楽しむことが出来た。
この日の天候は生憎のくもり、霧に包まれて眺望は取れなかったのが残念だった。
山頂には12時40分に到着、山頂の気温は13度。頂上では冷えたビールで乾杯後、
昼食をとり午後1時10分に下山開始、薬師岳コースを下る。
途中の薬師岳を経由し、安達太良奥岳登山口にf午後2時35分に到着した。
【メンバー】 6人
【山名と標高】 安達太良山 1700メートル 
【行程とタイム】 奥岳登山口10:50~ゴンドラ~薬師岳11:15~仙女が平分岐11:45
安達太良山山頂12:40~昼食休憩~山頂13:10~薬師岳14:20~ゴンドラ~
奥岳登山口14:35


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

泉ヶ岳登山!かもしか~滑降コース [登山記録]

前方右手が泉ヶ岳

前方が泉ヶ岳

水神コース登山

標高825m 水神

水神石碑

標高1000m大岩

賽の河原から北泉ヶ岳を望む

後白髪山を望む

泉ヶ岳山頂

見返平から泉ヶ岳山頂を望む

見返平の雪渓

泉ヶ岳大駐車場

2007年5月5日(土) 晴 泉ヶ岳(1172メートル)(午前9:00 気温19.5度)
野外活動センター付近の天候は晴れ、風はほとんどなく穏やか。
広い駐車場は連休のため多くの車と人で賑わっていた。
野外活動センター前を午前9時25分発、水神コースで山頂へ向かう。登山道は乾いた状態で
新芽をつけた木々の中を進み、山頂を目指した。
40分ほどで水神に到着、水を補給、5人くらいの登山者がいた。
水神を午前10時6分に出発、大岩には午前10時35分着。
大岩からは大倉ダム、定義山などの眺望がとれたが霞んだ状態だった。
山頂には11時6分に到着、山頂の気温は11.5度。頂上ではウイダーゼリーと水の補給をし、
午前11時10分に下山開始、滑降コースを下る。
途中の見返平を午前11時43分、かもしかコースとの交差点を午前11時55分に通過し、泉
ヶ岳野外活動センター前に午後0時20分着。午後1時55分自宅に戻る。 (22回目)

【メンバー】 1人
【山名と標高】 泉ヶ岳 1172メートル 
【行程とタイム】 少年自然の家登山口9:25~水神10:06~大岩10:35~頂上11:06~休
憩~山頂11:10~滑降コース~見返平11:43~泉ヶ岳野外活動センター前12:20


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

泉ヶ岳登山!山頂は雪 [登山記録]

泉ヶ岳全景

大岩

雪の登山

泉ヶ岳山頂

兎平から仙台市内を望む

10)2006年11月18日(土) くもり 泉ヶ岳(1172メートル)(午前9:25 気温8.3度)

野外活動センター付近の天候はくもり、風はなく穏やか。
野外活動センター前を午前9時25分発、水神コースで山頂へ向かう。登山道は湿
った状態だった。45分ほどで水神に到着、4人の登山者がいた。
水神を午前10時08分に通過、大岩には午前10時38分着。
大岩からは大倉ダム、定義山、仙台市内の美しい景色が広がっていた。ところどころに雪が残
っていた。山頂には11時06分に到着。山頂の気温は0度6分、小雪が降っていた。
頂上で写真撮影後、かもしかコースを少し下ったところで無線交信、若林区と東松島の2局と
交信する。午前11時34分に下山開始、かもしかコースを下る。
岡沼付近を午後0時09分に通過、兎平午後0時20分、泉ヶ岳クラブハウス前に午後0時35分
着。バス乗り継ぎで午後2時20分自宅に戻る。 (21回目)

【メンバー】 1人
【山名と標高】 泉ヶ岳 1172メートル 
【行程とタイム】 少年自然の家登山口9:25~水神10:08~大岩10:38~頂上11:09~
山頂11:34~かもしかコース~兎平12:20~泉ヶ岳クラブハウス前12:35


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

栗駒山縦走登山 [登山記録]


いわかがみ平

中央コース登山

中央コースから見た栗駒山

栗駒山山頂

登山者で賑わう山頂

美しい岩手県側の景色

神秘的な昭和湖

須川温泉から見た栗駒山(須川岳)

須川高原温泉

須川温泉は湯量が豊富

9)2006年10月22日(日) 晴れ 栗駒縦走登山(1627メートル)
仙台駅を午前7時14分のJRで出発。
宮城県側の登山口いわかがみ平付近の気温は20度(持参の温度計
天候は晴れ、風はなく絶好の登山日和。
いわかがみ平レストハウス前を午前10時20分発、中央コースで山頂へ向かう。
登山道付近の木々はすでに紅葉が終わっていた。整備された登山道を進み30分歩いた標高1360m付近で休憩を取る。きれいな青空の中に広がる眺望を楽しみながら山頂へ向かった。山頂には午前11時50分着し昼食、無線交信し7局と繋がる。山頂は多くの登山者で賑わっていた。昼食休憩後、12時40分須川コースで下山を開始、一路須川高原温泉をめざす。頂上付近からは遠く鳥海山、焼石などの山々の美しい景色を望むことができた。賽走り付近からは硫黄の匂いがし始め、まもなくするとエメラルドグリーンの昭和湖が見えてきた。ここで休憩し、ここから先は地獄谷、木道の名残ガ原を通り、須川高原温泉には午後2時10分に到着した。須川高原温泉で汗を流し、生ビールで縦走登山を締めくくった。このあと、一関経由で仙台駅に戻った。

【メンバー】 3人(T氏、S氏)
【山名と標高】 栗駒山 1627メートル 
【行程とタイム】
     いわかがみ平10:20~中央コース~標高1360m付近で休憩10:30~頂上11:50
              頂上12:40~須川コース~賽走り13:15~昭和湖13:25~名残ヶ原~
              須川高原温泉14:10


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
メッセージを送る